ヘルステック研究所の目指す社会

VISION

目指す事

・個人の同意を前提としたPHRの実現および健康データの利活用。
・IT技術を活用し、日本有数のアカデミアである京都大学の叡智を活用したサービスの構築。
・ひいては国民の健康増進、幸せな生活の一助となる事。


展開する事業

1.大学健診データサービス
大学健診結果Web閲覧システムのご案内
第20回フィジカルヘルスフォーラム発表資料はこちら
2.研究、分析、コンサルティングの提供
3.健康コンテンツに関わる共同事業
4.啓発、教育サービス
5.生涯健康サービス
6.健康・医療ビッグデータの活用


将来構想

未だに実現していない「個人の意思」による健康、医療データを活用した健康増進社会への高い価値の提供。


提供サービス

Services

らくらく健康観察

『健康日記』アプリ連動サービス。2020年8月の公開以来、企業、医療機関、大学など1,000以上の団体にご利用いただいております。「新型コロナウイルス感染症患者の接触者における健康観察票(国立感染症研究所)」に準拠した、専門家監修の健康観察をらくらくに実施できます。

詳細はこちら
らくらく健康観察パンフレット
事例:松本大学様 / 広島女学院大学様

健康日記

生涯PHRアプリ。2020年3月にリリースし、約11万人にダウンロードされています。歩数や体重、血圧、服薬情報、体温、体調などの日々の健康状態を自身で記録・管理することにより、自らの体調変化を客観的に見ることができます。

詳細はこちら

てくてく歩数集計

『健康日記』アプリとの連携で、グループ管理者が、登録されたグループ内やグループ間の歩数情報(総歩数、平均歩数など)をリアルタイム比較できるウォーキングイベント用システム。グループ対抗など、ゲーム感覚で楽しい健康づくりをサポートします。

事例:ウォーキングチャレンジ2020

Web問診システム

【大学向け】学生や教職員が、スマホやPCでWebアンケート形式の問診に回答できるシステム。問診項目は、国立大学保健管理施設協議会の「大学における健康診断・健康関連情報の標準化についてのガイドライン」標準項目に準拠する形で、大学保健の専門家の助言を得て策定のほかカスタマイズも可能です。

詳細はこちら
事例:東京藝術大学様

Web閲覧システム「健診ビューワー」

【大学向け】学生や教職員が、自分の健康診断結果をウェブで確認できる高セキュリティなサービス。汎用パッケージ化することで安価に提供することを可能にしました。国内初、国立大学保健管理施設協議会で策定の標準化健診項目に対応しています。

詳細はこちら
事例:長崎大学様

健康づくりサポート「Kステーション」

個人が主体となって積極的に健康維持・増進に取り組める仕組み作りのため、自治体・事業者(薬局)などと共同で、機器や専門家の派遣・場所の提供など環境整備に取り組んでいます。 Kステーションでは、専門家(ヘルスプロモーターが測定や日々の健康記録や問診をもとにアドバイスを行い、個人が『健康日記』アプリに記録した健康データを、自身で積極的に活用し健康増進に生かせるようサポートします。

・京都市との共催「データを活用した健康づくりモデル事業の実施について(京都市HP)」

・京都大学・総合メディカル株式会社との共催「そうごう薬局京都松尾店」Kステーション設置

リサーチ事業

PHRに係るリサーチ業務や共同研究を受託、実施しています。2017年から開始した京都大学健康科学センターとの共同研究を通じて蓄積した知見をベースに、健康情報の分析、PHRの標準化、ICTを活用した健康増進モデルの実装にむけた各種リサーチや共同研究の実績があります。研究テーマに応じて研究者ネットワークから最適なチームを構築し課題解決を実践します。国、自治体等を中心に各種リサーチ業務の実績も豊富です。

実績:・学校健康診断情報のPHRへの活用に関する調査研究(文部科学省)・産学公の連携による医療,介護等の統合データ分析事業の推進について(京都市)

ニュース

NEWS


PR TIMES ヘルステック研究所、京都大学・京都市・アストラゼネカとの共同研究の結果を発表-肺がんの早期発見、初期治療と生存率の実態が明らかに-(2022年7月28日)
PR TIMES ヘルステック研究所、京都大学・沖電気工業株式会社との共同研究-スマートフォンアプリによる睡眠改善の有効性に関する論文が国際学術誌に掲載されました-(2022年7月26日)

ヘルステック研究所、京都大学・沖電気工業株式会社との共同研究-スマートフォンアプリによる睡眠改善の有効性に関する論文が国際学術誌に掲載されました-

株式会社ヘルステック研究所(本社:京都府京都市 代表取締役:阿部達也、以下 ヘルステック研究所)は、国立大学法人京都大学(所在地:京都府京都市 学長:湊 長博、以下 京都大学)と 沖電気工業株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:森 孝廣、以下 OKI)と、 スマートフォンアプリを通じて個別化された行動変容メッセージを送る睡眠プロンプトアプリケーション(SPA)を開発し、 このアプリケーションを用いた臨床試験が睡眠の問題を抱えた働く世代を対象に実施され、睡眠改善効果が実証されました。 なお、本研究の成果は、2022年7月25日に国際学術誌「Journal of Medical Internet Research」に掲載されました。

【京都大学】最新の研究結果を知る~スマートフォンアプリによる睡眠改善の効果を実証―ショート・メッセージによる行動変容技術の有効性―
【OKI】プレスリリース~京都大学などと行動変容技術を活用した臨床試験で睡眠改善の効果を確認
「日本睡眠学会第47回定期学術集会」シンポジウムにおいて、弊社の「健康日記」アプリを使った睡眠改善の効果検証発表が行われました。(2022年7月2日)

日本睡眠学会第47回定期学術集会(テーマ:健康寿命の延伸に不可欠な睡眠学~学際の集合体~)

「日本睡眠学会第47回定期学術集会」(会期:2022年6月30日~7月1日、会場:ウェスティン都ホテル京都)シンポジウム21において、
弊社の「健康日記」アプリを使った睡眠改善の効果検証「プロンプトを用いたスマートフォンアプリによる睡眠改善の効果検証」発表が行われました。
  筆頭著者:降籏 隆二(京都大学学生総合支援機構)
   共著者:島本 大也(京都大学医学研究科)
       中神 由香子(京都大学学生総合支援機構)
       立山 由紀子(京都大学医学研究科)
       小林 大介(京都大学環境安全保健機構)
       清原 康介(大妻女子大学家政学部食物学科)
       石見 拓(京都大学医学研究科)
       【敬称略】
お問い合わせ

CONTACT