HOME

VISION


目指す事

  • 個人の同意を前提としたPHRの実現および健康データの利活用。
  • IT技術を活用し、日本有数のアカデミアである京都大学の叡智を活用したサービスの構築。
  • ひいては国民の健康増進、幸せな生活の一助となる事。

展開する事業

  1. 大学健診データサービス
    大学健診結果Web閲覧システムのご案内
    第20回フィジカルヘルスフォーラム発表資料はこちら
  2. 研究、分析、コンサルティングの提供
  3. 健康コンテンツに関わる共同事業
  4. 啓発、教育サービス
  5. 生涯健康サービス
  6. 健康・医療ビッグデータの活用

将来構想

未だに実現していない「個人の意思」による健康、医療データを活用した健康増進社会への高い価値の提供。

Services


らくらく健康観察

『健康日記』アプリ連動サービス。2020年8月の公開以来、企業、医療機関、大学など1,000以上の団体にご利用いただいております。 「新型コロナウイルス感染症患者の接触者における健康観察票(国立感染症研究所)」に準拠した、専門家監修の健康観察をらくらくに実施できます。

詳細はこちら
らくらく健康観察パンフレット
事例:松本大学様 / 広島女学院大学様

健康日記

生涯PHRアプリ。2020年3月にリリースし、約18万人にダウンロードされています。歩数や体重、血圧、服薬情報、体温、体調などの日々の健康状態を自身で記録・管理することにより、自らの体調変化を客観的に見ることができます。

詳細はこちら
健康日記の始め方 ご紹介動画
【Android版】 【iOS版】

らくらく医働日記

『医働日記』アプリと連動した、医療機関向けのクラウド労働時間管理サービスです。 『医働日記』を通して提出された医療従事者の勤怠状況を、WEB上でらくらくに管理できます。 医療従事者が複数の医療機関で働く場合にも対応しており、病院、診療所といった施設の規模を問わず、かつ低料金でご利用いただけます。

らくらく医働日記 ご紹介動画
詳細はこちら

医働日記

医療従事者向けの勤怠管理アプリです。(スマホ・PC対応) 自身の勤怠状況を医療従事者が主体的に管理し、必要に応じてお勤めの医療機関に提出する仕組みとなっており、無償でご利用いただけます。

ご利用・ログインはこちら
(スマートフォン用ページ)

健シロウ

『健康日記』アプリ上で、健康診断の結果を健診・ドック受診者がリアルタイムに閲覧できるサービスです。 外部項目は後日に送られますが、健診結果が揃ったタイミングでプッシュ通知によりお知らせします。 また、必要に応じて受診勧奨を通知できるため、電話や郵送でのフォロー対応などの業務負担が軽減されます。

健シロウ

健シロウ ご紹介動画
詳細はこちら

てくてく歩数集計

『健康日記』アプリとの連携で、グループ管理者が、登録されたグループ内やグループ間の歩数情報(総歩数、平均歩数など)をリアルタイム比較できるウォーキングイベント用システム。グループ対抗など、ゲーム感覚で楽しい健康づくりをサポートします。

事例:ウォーキングチャレンジ2023

Web問診システム

【大学向け】学生や教職員が、スマートフォンやPCからアンケート形式の問診にWeb上で回答できるシステムです。問診項目は、国立大学保管管理施設協議会の「大学における健康診断・健康関連情報の標準化についてのガイドライン」に示される標準項目に準拠しており、大学保健の専門家の助言を得て作成しています。 大学独自の問診項目の追加や、メンタルヘルス・歯科検診の問診フォームの作成もカスタマイズにてご対応しております。

詳細はこちら
事例:東京藝術大学様 / 鳥取大学様

Web予約システム

【大学向け】 健康診断やワクチン接種の予約枠を簡単に作成することができるシステムです。予約管理ができるだけでなく健診当日の会場混雑を大幅に軽減し、来場時間の平準化を実現します。 ユーザ(学生や教職員)は自身のPCやスマートフォンからWeb上で予約操作を行うことができます。

詳細はこちら

健診結果Web閲覧システム
「健診ビューワー」

【大学向け】 学生や教職員が在籍中の健康診断の結果をWebで確認することができるサービス。 異常値は赤字で表示され、各検査項目の説明も表示されるので健康への関心を高めます。 管理画面では行政への報告書を作成したり、閲覧状況を把握することができます。

詳細はこちら
事例:長崎大学様

健康づくりサポート
「Kステーション」

個人が主体となって積極的に健康維持・増進に取り組める仕組み作りのため、自治体・事業者(薬局)などと共同で、機器や専門家の派遣・場所の提供など環境整備に取り組んでいます。 Kステーションでは、専門家(ヘルスプロモーターが測定や日々の健康記録や問診をもとにアドバイスを行い、個人が『健康日記』アプリに記録した健康データを、自身で積極的に活用し健康増進に生かせるようサポートします。

詳細はこちら
・京都市との共催「データを活用した健康づくりモデル事業の実施について(京都市HP)」
・京都大学・総合メディカル株式会社との共催「そうごう薬局京都松尾店」Kステーション設置

健康管理システム
(診療記録システム)

【大学向け】学生や教職員の健康診断の結果に加え、保健管理センターにおける日々の診療や面談 記録を管理することができる「簡易版電子カルテ」。余分な機能を削除した、 保健管理センター業務に特化したシステムです。薬剤管理や報告書の作成も簡単に行えます。

健康管理システム(診療記録システム)

詳細はこちら
事例:東京外国語大学様

リサーチ事業

PHRに係るリサーチ業務や共同研究を受託、実施しています。2017年から開始した京都大学健康科学センターとの共同研究を通じて蓄積した知見をベースに、健康情報の分析、PHRの標準化、ICTを活用した健康増進モデルの実装にむけた各種リサーチや共同研究の実績があります。研究テーマに応じて研究者ネットワークから最適なチームを構築し課題解決を実践します。国、自治体等を中心に各種リサーチ業務の実績も豊富です。

リサーチ事業

実績: ・学校健康診断情報のPHRへの活用に関する調査研究(文部科学省)/ ・産学公の連携による医療,介護等の統合データ分析事業の推進について(京都市)
費用の目安:人件費単価表

RESEARCH MANAGER

医学および健康増進分野に関する研究プロジェクトにおいて、プロジェクト参加者(研究対象者)が「健康日記」アプリに蓄積する健康情報を、IDによって匿名化した上で研究者が閲覧、集計、出力できる、研究者向けのWebアプリです。正確な健康情報の収集に伴う研究者の手間を簡略化できるだけでなく、研究者と研究対象者との繋がりを支援します。

RESEARCH MANAGER

詳細はこちら

NEWS


  • 生涯PHRアプリ「健康日記」がGoogle Fitbitとのデータ連携機能を追加実装(2024年7月11日)

    生涯PHRアプリ「健康日記」がGoogle Fitbitとのデータ連携機能を追加実装

    株式会社ヘルステック研究所は、当社が提供する生涯PHRアプリ「健康日記」にウェアラブルデバイス「Google Fitbit」シリーズからデータを取得する機能を追加実装いたしました。

  • PHRデータ研究支援システム「Research Manager」の提供を開始〜ウェアラブル等から日々集積される健康情報の利活用に向けた研究促進に貢献〜(2024年7月3日)

    PHRデータ研究支援システム「Research Manager」の提供を開始〜ウェアラブル等から日々集積される健康情報の利活用に向けた研究促進に貢献〜

    株式会社ヘルステック研究所は、医学および健康増進分野に関する研究者を対象に当社が提供する生涯PHRアプリ「健康日記」に記録された健康情報の閲覧や集計、出力を可能とした研究支援システム「Research Manager」を開発し、販売を開始いたしました。

  • OKIの睡眠習慣を改善する行動変容サービス「Wellbit™ Sleep」に京都大学とOKIとヘルステック研究所の共同研究成果である睡眠医学の知見「メッセージ規則」が搭載されました。 (2024年6月12日)

    OKIの睡眠習慣を改善する行動変容サービス「Wellbit™ Sleep」に京都大学とOKIとヘルステック研究所の共同研究成果である睡眠医学の知見「メッセージ規則」が搭載されました。

    株式会社ヘルステック研究所は、指定国立大学法人京都大学及び沖電気工業株式会社と2020年1月より実施したスマートフォンアプリによる睡眠改善効果に関する共同研究開発の成果を社会実装した、睡眠習慣を改善する行動変容サービス「Wellbit™ Sleep」がOKIから4月より販売開始されたことをお知らせいたします。

  • 石川県七尾市で開催された震災復興支援スポーツイベントにPHRブースを出展いたしました

    株式会社ヘルステック研究所は、4月6日(土)、7日(日)に石川県七尾市田鶴浜町で震災復興支援を目的に開催されるB.LEAGUEシーズン最終戦「金沢武士団vsアースフレンズ東京Z」 に特別協賛し、会場にてPHR体験ブースを出展いたしました。

    PHR体験ブースの来場者からは、今後は当社の生涯PHRアプリ「健康日記」を活用し血圧を 記録したい、PHRを自動で取得・記録できる仕組みが避難所にあると嬉しいのでぜひ設置して ほしい、といったお声をいただきました。

    また、石川県民・市民に対するPHRを活用した健康増進と災害時に必要な健康・医療情報の連携環境を整備する新しい街づくりを目指し、一般社団法人PHR普及推進協議会と北陸スポーツ振興協議会株式会社が協定締結し、イベントにて協定締結調印式を実施いたしました。

    (1枚目: PHR体験ブースの様子)
    (2・3枚目: PHR体験ブースには、七尾市長の茶谷義隆氏や、金沢武士団の選手もご来場)
    (4枚目: 左から(株)ヘルステック研究所代表取締役・(一社)PHR普及推進協議会専務理事 阿部達也、北陸スポーツ振興協議会(株)代表取締役社長 中野秀光氏、(株)ヘルステック研究所社外取締役・(一社)PHR普及推進協議会代表理事 石見拓)
  • 生涯PHRアプリ「健康日記」が全国約2,000か所に設置されている検体測定室とのQRコード連携を開始 (2024年4月18日)

    検体測定室で測定した血液検査情報を一元管理し、地域医療連携を促進

    株式会社ヘルステック研究所は、当社が提供する生涯PHRアプリ「健康日記」が薬局を中心に全国約2,000か所に設置されている検体測定室において、 ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社が提供するPOC生化学分析装置「コバスb 101プラス」とQRコード連携を開始したことをお知らせいたします。

  • 文部科学省「学校健康診断情報のPHRへの活用に関する調査研究事業(大学における学校健診PHRの導入検証等)」に関する報告書を公開 (2024年4月12日)

    大学を対象に健診実態の把握と学校健診PHR導入に向けた検討を推進

    株式会社ヘルステック研究所は、文部科学省「令和5年度 学校健康診断情報のPHRへの活用に関する調査研究事業 (大学における学校健診PHRの導入検証等)」に関する報告書を作成し、一般公開されましたことをお知らせいたします。

  • 石川県七尾市で開催される震災復興支援スポーツイベントに協賛 (2024年4月5日)

    被災者を中心とした地域の健康維持にPHRデータを活用する体験デモを実施

    株式会社ヘルステック研究所は、明日4月6日(土)、7日(日)に石川県七尾市田鶴浜町で 震災復興支援を目的に開催されるB.LEAGUEシーズン最終戦「金沢武士団vsアースフレンズ東京Z」 に特別協賛し、会場にてブース出展致しますのでお知らせいたします。

  • 大学保健管理センター向けWEBシステム「CAMPUS」シリーズにセット割が新登場!(2024年1月11日)

    大学保健管理センター向けWEBシステム「CAMPUS」シリーズにセット割が新登場!

    株式会社ヘルステック研究所は、大学保健管理センター向けのWEBシステム「CAMPUS」シリーズについて、各製品を連携し活用することで運用コストを大幅に削減できるセット割プランを 新たに導入し提供を開始いたしました。また、それに伴い、価格改定も実施いたしましたのでお知らせいたします。

  • 内閣府SIP第3期「統合型ヘルスケアシステムの構築」に採択(2023年12月26日)

    内閣府SIP第3期「統合型ヘルスケアシステムの構築」に採択

    株式会社ヘルステック研究所は、内閣府事業「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の第3期課題「統合型ヘルスケアシステムの構築」において、 研究開発責任者である国立大学法人京都大学大学院医学系研究科 予防医療学分野 石見 拓 教授率いる研究開発テーマ 「臨床情報プラットフォームを活用したPHRによる突然死防止・見守りサービス」の研究開発分担者として採択されました。 それに伴い、研究開発責任者である国立大学法人京都大学との共同研究開発契約を締結しましたことをお知らせいたします。

  • 無料PHRアプリ『健康日記』が、18万ダウンロードを達成!

    無料PHRアプリ『健康日記』が、18万ダウンロードを達成!

    株式会社ヘルステック研究所は、当社が提供する無料の生涯PHRスマートフォン用アプリケーション『健康日記』の累計ダウンロード数が、2023年12月に18万人を突破したことをお知らせいたします。

CONTACT