ヘルステック研究所の目指す社会

VISION

目指す事

・個人の同意を前提としたPHRの実現および健康データの利活用。
・IT技術を活用し、日本有数のアカデミアである京都大学の叡智を活用したサービスの構築。
・ひいては国民の健康増進、幸せな生活の一助となる事。


展開する事業

1.大学健診データサービス
大学健診汎用サービスのご案内
第20回フィジカルヘルスフォーラム発表資料はこちら
2.研究、分析、コンサルティングの提供
3.健康コンテンツに関わる共同事業
4.啓発、教育サービス
5.生涯健康サービス
6.健康・医療ビッグデータの活用


将来構想

未だに実現していない「個人の意思」による健康、医療データを活用した健康増進社会への高い価値の提供。


メンバー

OUR TEAM

...
阿部 達也
代表取締役

1988年京都大学工学部 衛生工学科(現:地球工学科)卒業。リクルートにて「じゃらん」の創刊等に携わった後、2005年に日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)を設立、専務取締役に就任。2016年「京大データヘルス研究会」設立、事務局長に就任。プロバスケットボールチーム京都ハンナリーズGM。2017年に株式会社ヘルステック研究所を設立し、代表取締役に就任。 Wikipedia: 阿部 達也

...
津端 尚保
取締役

1989年早稲田大学政治経済学部 経済学科卒業。リクルートにて人事・営業・商品企画等に従事後、広告系ベンチャー2社の取締役を歴任。サイバード、IMJモバイルの営業責任者を経て、2016年に独立し、プリンシプルビジネス発掘研究所を開設、経営コンサルタントとして活動する。2017年に株式会社ヘルステック研究所を設立し、取締役に就任。

...
石見 拓
社外取締役
京都大学環境安全保健機構 健康管理部門/附属健康科学センター 教授・部門長
京都大学>キャンパスライフ>キャリアパス>石見 拓

教育・研究歴
1996年 群馬大学医学部卒業
2005年 大阪大学 救急医学 博士課程修了。
2006年 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻 臨床研究者養成コース修了

職歴
1996年 群馬大学医学部第2(循環器)内科に入局。関連病院にて循環器内科医として勤務
2005年 国立循環器病センター 心臓血管内科リサーチレジデント
2006年 京都大学保健管理センター(2011年より環境安全保健機構健康管理部門/附属健康科学センターに改名)。2015年より教授。

専門領域
蘇生科学、循環器内科学、予防医学、臨床疫学

株式会社ヘルステック研究所について

ABOUT

会社概要

【社名】 株式会社ヘルステック研究所(略称:HTK)

【役員】代表取締役:阿部達也、取締役:津端尚保

【所在地】
(本社)京都府京都市左京区吉田本町 京都大学国際科学イノベーション棟
(恵比寿ラボ)東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル11階

【設立】 2017年3月

【主要取引銀行】三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行

...
...

これまでの沿革

2016年7月
2017年3月
  • PHR実現のための事業会社として株式会社ヘルステック研究所設立
2017年5月
2017年4月
2017年7月
  • 東京恵比寿ラボ開設
  • 京大データヘルス研究会に日本航空株式会社、サンスターグループが参画
2017年9月
  • 京都大学との共同研究契約を締結。研究課題名は「学生健診を基盤とした共有型ライフロングPHRの構築と利活用促進のため標準化モデル創出に関する研究」
2018年1月
  • 京都大学 石見拓教授が社外取締役に就任
2018年4月
  • 京大データヘルス研究会に総合メディカル株式会社が参画
2018年6月
ニュース

NEWS


第56回全国大学保健管理研究集会にブース出展(2018年10月4日)
第56回全国大学保健管理研究集会にブース出展いたしました。
社外取締役の石見拓教授を座長に「大学発 健康情報の標準化とデータを活用した健康管理・健康増進の展望」というテーマでシンポジウムも開催されました。(2018年10月4日)
京都発革新的医療技術研究開発助成事業に採択されました(2018年6月18日)
京都市による京都発革新的医療技術研究開発助成事業に採択されました。
助成事業テーマ名は「ダイナミックデータを用いたオーダーメイド健康指導スマホアプリの開発と実証実験」です。
平成30年度 京都発革新的医療技術研究開発助成事業
平成30年度 採択結果
(2018年6月18日)
第20回フィジカルヘルスフォーラムにて弊社の阿部が発表しました(2018年3月16日)
3月15日、16日に京都大学にて行われた第20回フィジカルヘルスフォーラムにて、弊社代表の阿部が「大学から始まる健康情報の利活用 実現に向けた産学連携の取り組み」という演題で発表をいたしました。


フィジカルヘルスフォーラムは、全国85の国立大学が会員となっている一般社団法人 国立大学保健管理施設協議会が毎年開催しているイベントで、今回が第20回となります。(2018年3月16日)
京都大学 石見 拓教授が社外取締役に就任(2018年1月18日)
社外取締役として石見 拓氏(京都大学環境安全保健機構 健康管理部門/附属健康科学センター 教授・部門長)をお迎えしました。(2018年1月18日)
第55回全国大学保健管理研究集会に参加(2017年11月29日)
第55回全国大学保健管理研究集会に参加。京都大学ブースにて、大学健診汎用サービスのご案内をしました。

ご案内した資料はこちら (2017年11月29日)
京都大学との共同研究契約を締結(2017年9月13日)
京都大学との共同研究契約を締結しました。研究課題名は「学生健診を基盤とした共有型ライフロングPHRの構築と利活用促進のため標準化モデル創出に関する研究」です(2017年9月13日)

お問い合わせはこちら



メッセージが送信されました。後ほど担当者よりご連絡させて頂きます。